金沢箔ができるまで

1㎤の金合金を10000分の1㎜の薄さにまで打ち延ばすと、その面積は10㎡になり、それは畳6畳分(≒9.7㎡)程に相当します。
金沢箔を製造するには、職人の長年の経験と技が不可欠です。
ここでは、金箔を製造する過程を金沢伝統箔(縁付箔)と断切箔にわけて説明してあります。

澄職人の仕事

紙仕込み

画像の各工程をクリックすると、詳細へリンクします。
金沢伝統箔(縁付箔)

澄打工程

1.金合せ

金に少量の銀と銅を溶解し、型に流し込んで板状の金合金を作ります。

2.延金

@で出来た金合金を、ロール圧延機により厚さ約0.05㎜にまで繰り返し圧延された幅5㎝ほどの帯状の合金にします。

3.小兵

長い帯状の延金を約5㎝の方形に切り、200枚を1セットになるように約13㎝角の紙の間に交互に挟み入れ、袋革と乳革でしっかり包み、澄打機で叩きます。紙いっぱいの大きさにまで打ち延ばしたものを小兵と呼びます。

4.荒金

次に打ち紙を約18㎝角の紙に替えて小兵と同様に打ち叩き、紙いっぱいの大きさに延ばします。延ばしたものを荒金と呼びます。

5.小重

4等分に切った荒金を約19㎝角の澄打紙(ずみうちがみ)に挟み、それを約800枚重ねて袋革と乳革でしっかり包み、澄打機で叩いて、紙いっぱいに打ち延ばします。打ち延ばしたものを小重と呼びます。

6.大重

小重よりも一回り大きな澄打紙に移し替え、800枚程重ねて同様に革で包んで紙いっぱいに打ち延ばします。打ち延ばしたものを大重と呼びます。

7.化粧打ち

大重を澄打紙からハトロン紙に移し替え、つや消しのために箔打機で軽く叩きます。

8.上澄

上澄

化粧打ちが終わったものを三つ折りにします。これを上澄と呼びます。上澄の厚さは約1/1000㎜です。

箔打工程

1.澄切

澄切

上澄を9〜12片に切ります。上澄の厚さは場所により異なるため、職人の目利きで大きさを変えて切り分けます。

2.仕入れ

仕入れ

紙仕込みを終えた約1800枚ほどの箔打紙の間に、澄切した上澄片を挟んでいきます。

3.小間打ち

仕入れをした箔打紙の束を革で何重にも包み、箔打機で打ちます。打つことによって熱をもつので、紙の束を小分けにして熱を冷まします。“打つ-冷ます”の作業を数回繰り返し、約10㎝角に延ばしたものを小間と呼びます。

4.渡し仕事

小間を仕上げ打ち用の箔打紙に移し替えます。

5.火の間作業

渡し作業で移し替えた小間と箔打紙の湿気を除去するために箔打紙の束を暖めます。

 
6.打ち前

箔打紙の束を解いて、箔の延び具合を確認しながら、“打つ-冷ます”を繰り返して箔打機で打ち延ばします。

7.抜き仕事

打ちあがった金箔は、箔打紙から抜き出して広物帳へ1枚ずつ移し替えます。

8.箔移し

革板の上に、広物帳から金箔を移し替え、竹枠で規定サイズの正方形に切り、箔合紙と交互に重ね、100枚を1セットとします。これで金沢伝統箔(縁付箔)の完成です。

9.金箔

金箔の標準サイズは三寸六分角(=10.9㎝角)です。他に四寸二分角(=12.7㎝角)、五寸角(=15.1㎝角)などがあります。)

金沢伝統箔の紙仕込み

1.紙の裁断

箔打紙用の和紙(下地紙と呼ぶ)を18p角〜19.5p角に裁断します。

2.塵掃

下地紙の表と裏面に付着しているごみや塵(ちり)を取り除きます。

3.灰汁打ち

下地紙10〜20枚ごとに、濡らした楮紙をはさみ、下地紙に湿り気を与えた後、アク打ち機で叩きます。

4.手数

叩かれた下地紙は、紙同士が互いにくっついているので1枚ずつはがし、再度重ねて叩きます。紙同士がくっつかなくなるまで同様の作業を繰り返します。

 
5.灰汁漬

灰汁漬

燃やした稲藁に湯をかけて抽出した灰汁汁に、下地紙を浸します。

6.濡れ干

くっついている下地紙を一枚ずつはがし、ござの上に並べて干し、水分を取り除きます。

7.灰汁打ち

ある程度乾いた下地紙を、アク打ち機で叩きます。

8.手数

手数

アク打ち機で叩いた後の紙はくっついているので、はがして集めて叩き、またはがして集めて叩く作業を繰り返し行います。次第に紙がくっつかなくなると、1回目の灰汁処理が終了します。紙の状態を見ながら、二灰汁、三灰汁と行います。

9.火上げ

二灰汁以降から、熱源の前で紙をパラパラとめくり、湿気を飛ばして乾燥させます。乾いた紙はふくらみがあるので、アク打ち機で叩きます。これで箔打紙の完成です。

断切箔

断切箔の工程

1.紙仕込

グラシン紙の表と裏にカーボン(炭)の粉末等を溶いた液をムラなく塗布し、乾燥させます。これが断切用の箔打紙になります。

2.打ち前

箔打紙の間に、上澄片を挟み入れ、革で包み箔打機で叩きます。断切箔は箔打ち工程の途中で箔打紙を替えないで打ち延ばします。

3.断切

箔合紙と呼ばれる紙に、箔打紙から抜き出した金箔を置き、これらを交互に重ねていきます。一打ち分(約1800枚)を移し終えたら、一番上に規定サイズの型をあてて足で押さえ、型からはみ出ている部分を包丁で一度に切り落とします。この断切方法から断切と呼ばれています。これで断切箔の完成です。

4.金箔

金箔